2015年 10月 19日

隔月刊 「風景写真」11.12月号 組写真の部

「破竹」 優秀賞に入選しました。
「勢」  町内にて
c0153969_2010079.jpg


「影」  町内にて
c0153969_20113638.jpg


「寄り添う」  町内にて
c0153969_2012161.jpg


「木漏れ日」  西京区竹林公園
c0153969_20121556.jpg

審査員 辰野 清 先生 選評
強い生命力をイメ-ジさせる竹林ですが、作者は常に通う中でさまざまなひょうげんを習得したようです。
優れた組写真の条件として、一枚一枚が強さを持つことは必要ですが、それだけでは単写真の寄せ集めと
いう感も払拭できません。しかし本作品は①-②、③-④と主張と客観を繰り返す事で見事に全体の調和
を図っています。広く捉えた①④に挟んだ目先の表情からも、構成の工夫が感じられます。これだけの
構成力をお持ちなので、今後さらなる長編小説も期待します。

見に余る選評を頂いて、さらなる精進したいと思っています。
c0153969_21155057.jpg

[PR]

by 240307r | 2015-10-19 00:30 | コンテスト入選作品 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://photoczf.exblog.jp/tb/24826950
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by utsumifhoto at 2015-10-19 06:53
まっちゃん、受賞おめでとうございます。
選者のコメント通りの竹の持つ力強さと美を4枚組で巧みに構成し表現した作品に感動しました。
Commented by 240307r at 2015-10-19 08:10
有難うございます。町内で折に触れ通っています。近くは気象条件で撮影出来るのでいいですね。
Commented by sayootsuka at 2015-10-19 19:22
優秀賞おめでとうございます。
まっちゃんは組み写真がとてもお上手ですね。
私はエプソングランプリの「めぢから」の4枚組が今も脳裏に焼き付いて忘れられません。
辰野先生がこれだけ褒めるということは、やはり実力のある方ですね。
以前、ほかの先生が選者であるとき、竹の組み写真を見たことがありますが、まっちゃんの写真は、また格別な雰囲気があります。
辰野先生がおっしゃるように、長編小説、お待ちしています。 (=^・・^=)
Commented by 240307r at 2015-10-20 08:25
有難うございます。
見に余る選評頂いて、喜んで感激しています。写真を続けて精進していくにテ-マも見つかると思います
楽しんでphoto Lifeを続けてゆきます。
Commented by rikken at 2016-01-09 12:24 x
浦部立憲です。先日は、年末コメントへの返信、ありがとうございました。
この作品も「風景写真」誌で拝見しました。一枚目が素晴らしいです。
日本一の風景画の巨匠の仰せのとおり、松田さんの長編小説、期待しております_(._.)_


<< 大台星座 Ⅱ      大台ケ原 正木が原 星空 >>